NEW POST

同じことをやっているのに ~阪神旅日記~

f0106727_21312679.jpg

阪急電車のゆったり感はなかなか気分がよかったです。

台風の中を飛び込んでいった阪神地域!
人生で数えるほどしか
行ったことがなかったKOBE

阪神間の阪急はほとんど乗った3日間。
関西と関東で同じ事業をしているのに
どうしてこんなにも考え方が違うのだろう!!?
と、Culture Shockを受けたヒアリング
とても成果の大きいものになりました。

奥さんの実家があるということで
ちょっとした文化の違いは気にしなくなったのですが
今回はひさびさに関西を訪れた先輩の話から
感じた軽いCulture Shockを話します。





それは・・・
東西の鉄道!
1鉄道網
関東はJRを中心とした鉄道網
関西はJRと私鉄はつかず離れずの関係

2車両
ドアも6ドアが全盛、とりあえず乗れるだけ乗って!感のある関東
3ドアで座る乗客をより多くしてゆったり感を出す関西

3ホームの呼び方
「〇番線」「〇号線」「〇番ホーム」と色々な呼び名がある関西
「〇番線」と呼ぶのがほとんどの関東

4お礼
「ありがとうございました」と過去形の関東
「ありがとうございます」と現在形の関西

あげればたくさん出てきます。

その街の人が普通だと思っていたことが
他の街では普通ではない。
やっていることは同じなのに・・・
どうしてだろう。不思議だなぁ。
ただ、同じことがいいとはぜんぜん思いません。
逆にちょっと違ってたほうが面白い。
ただ、見つけたときの「あっ!」とするあの感じ。
ちょっと気分がいいです。

今度は何をみつけられるのだろう。
旅行や出張をした時はそんなことを見つけてみるのもいいと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://grover7.exblog.jp/tb/12186981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yeahkazu | 2009-11-07 01:29 | monsoon | Trackback | Comments(0)