NEW POST

南の島で思うこと

f0106727_545742.jpg

♪マタハリヌ チンダラ カヌシャマヨー♪

フォトコラボレーションサイト SEASONz

SEASONz

ここには何にもありません。
コンビにも、カラオケボックスも、深夜営業の居酒屋も

あるのは、自然と共存する人の営みだけ。
朝起きて、ご飯を食べ、それぞれの仕事をして
日が暮れ始めると家に帰り
食事をしながら一日の疲れを癒す。
そんな単純な毎日かもしれないけれどとても充実した表情をしています。
あるのは、都会にはない”笑顔”

いったのは・・・




八重山諸島。

街頭もすくない道を歩き、島の料理屋に行くと
お客さんもお店の人も笑顔で迎えてくれました。
みんな、ひとつの”家族”のように。

ここでは、家族みんなで助け合って生きています。
そこには、いつも”笑顔”があります。
生活水準の良し悪しで幸せが決まるわけじゃないようです。

確かに不便な部分はとっても多いです。
病院、自然災害などなど・・・

でも何でもそろう都会の人が絶対に味わえない贅沢を
ここでは思いっきり楽しむことができます。
都会でついた便利な生活に飽き足らない”欲求”という贅肉が
島でなんと無駄なことか、思い知らされました。

東京では決して見れない水平線に沈む夕日。
星雲まで目で見えそうな夜空。

疲れたとき、自分を見つめなおしたいとき
この島で感じたこの気持ちを思い出そうと思います。
それでもだめなら、また島へ。
そうすれば、きっとまた何か見つかるかもしれません・・・
[PR]
トラックバックURL : https://grover7.exblog.jp/tb/12806556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さけわかめ at 2010-02-20 22:44 x
ぼくの座右の銘は

立ってるか、真っ直ぐに、お天道様に顔向けて、お前はそこに立ってるか。
です。

by yeahkazu | 2010-02-13 05:34 | Trip | Trackback | Comments(1)