NEW POST

今昔物語 加曾利貝塚

f0106727_431091.jpg

”昔の人はこういう家で暮らしていたんですよね。”

GW中に実家に帰り、地元の色々な所に行ってきました。
千葉市内で一昔前は超有名スポットだったここ「加曾利貝塚」
世界でも最大規模の貝塚で、国の史跡にもなっています。



小学校の頃、遠足でよくここまで行ったのを思い出します。
今も昔も、ひろーい野原に住居跡や貝塚の資料館がぽつんぽつんとあり
のんびりとした雰囲気。

続き・・・・・

f0106727_432415.jpg

”だいちもこのひろーい広場が気に入ったようです。”

GW中の施設とは思えないゆったりとした時間が流れていました。。
いつもここを訪れると思うのは、
千葉市の結構内陸部のこの土地が縄文時代には海だったのと
縄文時代の人々が食べて捨てたゴミの跡を
未来の僕らが資料としてみているということ。
こんなものを食べていたんだ。こういう風に捨てていたんだと
縄文時代の人々の生活を見ることができる反面、
今、僕達が燃えないゴミを埋め立てている跡を未来の人々が見たとき
どういう風に思うんだろう、こんなものも埋め立てているの?なんて言われないだろうか。
きっと貝殻を原料に新しい素材を作る現代のように
今、埋め立てているゴミからなにか新しいものが作られている
ゴミなんて存在がなくなっている未来にぜひ、なって欲しいと思います。
[PR]
by yeahkazu | 2010-05-16 04:32 | monsoon | Comments(0)