NEW POST

一冊の本を片手に・・・ 『和』のもとに集まろう。

f0106727_5153740.jpg

”和のもと集まったロッテ、この年日本一になりました。”
おはようございます。早朝型レインボーパパです。

他人と差をつけることに価値があったのは、今や昔。
一匹狼型の仕事人生を送るのではなく、
介護や育児を抱えた多様な働き方が成熟期の今は、『お互い助け合える体制』

わかっているけど、それって『仕事を振るってことでしょ?』と思うかもしれません。
そんなあなたにもわかりやすく具体的に方法が書かれている本がこちら。

小室淑恵のチームを動かす! リーダー術: メンバーが「自分ごと」で動き出す12のコミュニケーション

小室淑恵 / 学研マーケティング

スコア:



新時代のリーダーに必要な5つの『底上げ力』
チームを動かす『リーダーの3つのベクトル』

という魅力的な章タイトルや
小室さんの代名詞、『朝メール』『夕メール』について、
仕事術、コミュニケーションなど、
様々な方策が書かれています。

読めば読むほど、
2008年、日本一になったロッテを思い出します。
監督問題でチームがバラバラだったチームを
『和』というスローガンで
『みんなの力を結集することで、すごいチームになる。』と伝えた、西村監督。

監督は、チームのメンバーが十二分に力を発揮できるように尽力する。
残念ながら今年限りの退任となってしまいましたが、
西村監督の功績は大きかったと思います。

リーダーは飲み会の幹事『 ハブ化』が今のトレンドなんだなぁとおもいます。
詳しくは以前のBlog パパ通信week117th 比べられて選ばれるには・・・ にて
こちらをクリック!!


チームメンバーと仕事をもっと効率的に!と思っているビジネスパーソンにオススメの一冊です。

tag リーダー 仕事術 バイブル本

ブログランキングに参加しています。
今日の記事がもし面白かったらぜひクリックお願いします!
人気ブログランキングへ

育MEN(イクメンプロジェクト)
育てる男が、家族を変える、社会を変える。育MEN(イクメンプロジェクト)のページはこちらです。



仕事の山と谷を理解して
毎日の仕事量を均一にする48

マニュアルは『失敗から学んで、こう乗り越えて来た』『なぜこの手順でやらなければならないのか』を記載する58

介護や育児を抱えた『フォローされる側』のメンバーの気持ち、『あすはわが身』というメッセージを伝えて、『フォローする側』のメンバーにも注意を向ける。

など
[PR]
トラックバックURL : https://grover7.exblog.jp/tb/17945175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yeahkazu | 2012-10-18 05:02 | BOOK REVIEW | Trackback | Comments(0)