NEW POST

一冊の本を片手に・・・ 振り回されない

f0106727_06280325.jpg

”勉強するのは、子どもたち・・・”
皆さん、夏休みの宿題補助、お疲れ様でした。
子どもたちもようやく学校生活にも慣れ、
私たち親も通常の日々に戻っていることでしょう・・・。

さて、小学校、中学校と進学していく際、気になるのは「受験」
「中学受験」をすることは都心部では、当たり前のことになりつつあります。

私も「中学受験」をした1人ですが
振り返ると、「良い面」も「良くなかった面」も両方あると思います。
では、どうすればいいのか・・・
「中学受験」を考える上で
参考になりそうな本を今日は紹介します。

photo by Distracted Child Studying / 125892716@N05
本文と写真は直接関係するものではありません。

笑って合格する!「中学受験」必勝法
南雲ゆりか 著

■「中学受験」が全てでは・・・
この本で特に印象に残ったのは、こちら。
======================
良い学校の卒業は、「鬼に金棒」の「金棒」
======================

良い学校に入るだけが目標になると
その後が大変・・・。
受験一辺倒にならないように
そうしたことも冷静に考えていくこと
親が情報に振り回されず、
一つの芯を通して、子どもと接する。

小さな成功体験をたくさんして
同じ本を何回も読んで定着させ、
受験したい!と言われたら
後方支援に周る。

「子どもの人生の応援者でいること」
大切な一つの方針なんだなと思いました。

興味のある人はぜひ。感想も聞かせてください。
それでは、また次回

Tag 南雲ゆりか 中学受験 振り回されない。
[PR]
トラックバックURL : https://grover7.exblog.jp/tb/25614852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yeahkazu | 2016-09-09 06:00 | BOOK REVIEW | Trackback | Comments(0)